出産内祝いを贈って祝福しよう

出産内祝いのおさえておきたいマナーとは

出産してお祝いを頂くと、感謝の気持ちを伝えるために内祝いを贈らないといけません。素敵な出産内祝いはとても喜ばれ、送った人の社会人としての評価を上げることもできます。しかし出産内祝いで送ったものの、頂いて困るものを贈られたり、社会人としてもマナーに疑問を感じてしまうものもあります。では相手に喜ばれる出産内祝いとはどのようなもので、どういったことに注意して送ればいいのでしょうか。 まず大切なことは出産内祝いを贈る時期を間違えないことです。一般的に出産後一カ月くらいで内祝いを贈ります。次にお贈りするものの金額です。内祝いでは頂いたもものの半分か1/3程度のものをお返しします。それ以上でも以下でも失礼にあたりますので注意しましょう。

喜ばれる内祝いの品物とは

出産内祝いは多くの会社やお店、百貨店や通販でも取り扱いがあります。インターネットでも簡単に発注ができますが、実際に贈るものはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。 たいがいの方に喜ばれ、よく贈られるのはスイーツなどの食品ですが、甘いものが好みでない方もいらっしゃるので注意しないといけません。同じ食品でも赤ちゃんの体重分のお米ですと、赤ちゃんの記念にもなりどなたでも食べるものですので無難です。 また、タオルもどのような方も使用しますし、特に小さなお子さんのいる家庭ですといくらあっても困らないものですので、間違いはありません。 ただ、どのようなものを贈るにしても、赤ちゃんの名前を書いた紅白の「蝶結び」ののしは必要です。