小物使いが大事

ウエディングドレスに合う小物を知ることが大事

ブライダル業界は色々な職種によって成り立っています。ウエディングプランナーが注目されがちですが、衣装スタイリストも重要です。新郎新婦の衣装選びを手助けするのが基本の仕事になります。 衣装スタイリストに求められるのは、当然ながらウエディングドレスや着物の知識です。さらに、小物やアクセサリー類のコーディネート、ヘアメークの知識も必要になります。 衣装スタイリストは、ウエディングドレスなどの衣装だけを提案できればいいと言うわけではないので注意しましょう。むしろ、小物の合わせ方に深い知識を持っておくべきです。ウエディングドレスが素敵でも、ネックレスやイヤリングが合わなければ意味がありません。しっかり勉強しましょう。

一流の衣装スタイリスト

どんなウエディングドレスがいいか分からないと言う花嫁も多いです。その場合、衣装スタイリストは、その花嫁の雰囲気に合うウエディングドレスを提案する必要があります。もちろん、体型や髪型だけを見て決めるのではありません。一流の衣装スタイリストは、その花嫁の人柄や普段のファッションを見て決めるのです。さらには、会場の雰囲気も考慮します。そう言うことを総合的に判断し、相手が納得するウエディングドレスを提案するのです。こう言うことができないと、一流の衣装スタイリストにはなれないでしょう。 また、衣装スタイリストは華やかな仕事と思う人も多いです、しかし、接客には2時間以上かかることも多く、根気と体力がいる仕事と言えます。