wedding

最良の日を終える為に

結婚式での知っておきたいルール

引き出物とは、結婚式で参列してくれたゲストに対するお礼として渡される品物です。この引き出物は、その地域によって色々な習慣があることが特徴です。基本的な引き出物のルールは、ゲストひとりに贈られる品物は2、3個が平均です。そして、引出物にプラスとして引菓子を渡すことがマナーです。この引菓子とは、クッキーやマドレーヌなどの日持ちがする焼き菓子のことです。 最近の傾向として、引き出物は贈る相手によって品物や金額を変えることが多いです。通称、贈り分けと呼ばれるものです。これは、結婚祝いに頂いた祝儀の相場に合わせ、品物を送ることです。金額に応じてお礼を返すことは、礼にかなった配慮と言えます。引き出物のマナーは地域によって違うので、失敗しないように事前に確認することが大事です。

近年人気があるサービスとは

結婚式というと、帰りに引き出物を頂くことが定番になっています。ですが、引き出物というのは、遠方のゲストにとって手荷物になってしまいます。なので、帰る際に、持ち運びに少々負担になってしまいます。そんな悩みを解消すべく、近年では引き出物を後日に配送するサービスが浸透しています。自宅まで配送業者が送り届けてくれることで、持ち帰る負担がありません。 このサービスを利用するときには、事前に後日配送の案内をしておくことが重要です。というのも、基本的に多くの方が引き出物は当日持ち帰るものと思っているからです。当日もらえないと、マナーがなってないと思われます。なので、司会者の方に、「引出物は後日ご自宅に配送します」と一言言ってもらうといいです。